まぐまぐバックナンバー03

演出家・舞踊家・振付家 神永宰良のオフィシャルウェブサイトです

メールマガジン「まぐまぐ」

検索は「まぐまぐ」
カテゴリーは 教育・研究>>>教育実践>>>その他
LinkIconご登録はこちら

「表現のプロが実践してきた、表現教育!」

  • 「体を動かすことで心は変わる!」表現教育、“表現”という言葉にこだわって23年。演出家・舞踊家・振付家の神永宰良が、子供たちの教育に大切な「表現力」を伸ばし、生きていくために必要なコミュニケーション力の育て方をプロの視点から紹介します。実践に基づいた経験談など、皆様の質問にも答えながら発信していきますので、お楽しみに!



バックナンバーはこちら

バックナンバー[No.03]
[No.03]
メールマガジンご登録の皆様
大変お待たせを致しました、お久しぶりです!神永宰良です。
6月になりました。
皆様、いかがお過ごしですか?
ようやく暖かく過ごしやすい季節になってきましたね
でもそろそろ梅雨入り
どうぞ風邪などひかないように
気を付けてくださいね!
それでは早速、私が実践している“表現教育”について
お話をしていきたいと思います。
表現力には『感じる心』が重要!!
“表現力、感じる心を育てる”ために
私がダンスレッスンを通して実践していること
(先週NHKさんの番組でこの表現教育について取り上げていただき
少しだけ紹介をいたしましたが、ご覧頂けましたでしょうか。)
番組でもお話をした内容ですが
私が表現力を育てるために実践していること
それは、『発想する』ということです。
単純に発想と言っても、長い時間をかけて考え出すことではなく
パッと思いついたこと、それが重要です。
自分が『発想する』ことで、自分の心が動く…。
驚いたり笑ったり怒ったり
いわば発想し、感じたことで心が動く
心が動けば相手に形として伝わっていきます
相手はその形を見て、言葉を聞いて、発想をする。
そしてまた心で感じる…。
その繰り返し
それが、今最も重要視されている
“コミュニケーション”につながっていくのです。
発想すること、それを感じて形にしてみること(動き)
その動きが大きな動きであればあるほど
相手に伝わる強さも変わってくる。
ですからダンスというカテゴリーを使った表現教育
それは、最も“コミュニケーション”が鍛えられるものだと
私は思っています。
では、どうすればその感じる心を育てられるのか
発想が生まれるようになるのか
前回紹介しました『発想しりとり』
皆さん覚えていますか?
『発想しりとり』は、言葉に対し思い浮かんだものを言って行くゲームです。
今回も表現クラスでまず最初に行っているゲーム
発想力を育てるゲームを、いくつかご紹介しましょう!
発想ですから、深く考えてはいけません。
じっくり時間をかけて考える“思考”ではなく
パッと、頭に浮かんだことを言って行くのです。
例えば
「太陽」
と前の方が言ったら
次の方はその言葉に対して瞬時に浮かんだことを言います。
何か浮かびましたか?
思い浮かんだものを言って下さい
深く考えずに
「発想」
して下さい。
次の方もあなたが言ったことで発想したことを言います
そして次の人も・・・・
と繰り返していきます。
発想した事を“しりとり”のように次の方へと繋いでいく
このゲームは最低二人で成立します。
「太陽」
「海」
「クラゲ」
「ゼリー」・・・・
これが前回紹介しました『発想ゲーム』です。
今回はより発想力を育てるために
このゲームに次の事を加えてください
発想をより具体的に発想してみるのです。
より、リアリティーに発想してみる。
ゲームをしてみます。
「太陽」というお題から
(どうぞ、具体的に発想してみてください。)
「朝摘んできたトマト」
「一生懸命働いている農家のおじいちゃん」
「しわがいっぱいある日焼け顔」
「大好きな焼き芋」
「木枯らしに舞う枯葉」・・・・。
といったように
どれだけ具体的に発想が出来るか
よりリアルに、映像が頭の中に瞬時に浮かぶか
ここを鍛えていきます。
是非いろいろなお題で、遊んでみてください!
そこで今回はこの発想力、感じる心を育てるゲーム
『イメージキャンパス』もお教えします。
では、目をつぶってください。
これから私が言うキーワードでイメージできる風景を
具体的に頭に描きましょう。
そしてその風景にあるものを10個、あげてください。
最初は30秒以内に、10個挙げてください。
それではいきます。
お題は
「海」(ストップウォッチスタート!)
(頭の中に浮かんだ景色から見えるものを10個あげていきます。)
カモメ
パラソル
ビキニの二人組
かき氷を作ってるおじさん
砂遊びしてる子供
隣にTシャツのお母さん
張り切っているお父さん・・・・
ハイ!30秒たちました。
どうでしょう、10個あげられましたか?
これはより具体的に、リアルに映像が浮かぶようになることで
素早く10個言えるようになります。
私の表現クラスの子供たちは
(先週テレビに出演させていただきました子供たちです!)
10秒間に10個、あげることが出来るようになりました。
この発想力を鍛えることで
子供たちにはいろいろな変化が生まれてきます。
まずは、ダンスに関しては(ダンススクールですので…)
“感じる心”が育つことで
ダンスの“表現力”が圧倒的に変わりました!
(全国規模の大きなダンスコンクールでは
2位をいただくという結果にも結びつきました!)
それ以外にも、もちろん大きな変化がありました。
周りの状況、相手の気持ちなど
気づける人、思いやりのある子供に育ちました。
そしてそれを行動に移せる積極性
リーダー性も育ちました。
(絵も上手になり学校で賞をいただいた、という子もいました。)
表現力、感じる心を育てること。
楽しく遊びながら、子供たちの心を育てる。
ぜひ、みなさんも遊んでみてくださいね!
それではまた!
神永宰良
バックナンバー
[No.00]
[No.01]
[No.02]
[No.03]
[No.04]
[No.05]
[No.06]
[No.07]