まぐまぐバックナンバーtop

演出家・舞踊家・振付家 神永宰良のオフィシャルウェブサイトです

メールマガジン「まぐまぐ」

まぐまぐ!は、パソコンで見られる本や雑誌のようなものです。まぐまぐ!を使えば、電子メールでいろいろな情報を無料で読むことができます。
神永宰良の表現教育《子供たちの表現力、“感じる心”を育てる方法》を、まぐまぐ!メールマガジンで只今無料配信中です!是非ご登録をお願いします!!

まぐまぐ!のメールマガジンを読むためには、「登録」が必要です。「登録」の部分にあなたのメールアドレスを入力、ボタンを押すだけで登録手続きは完了です。そのメールマガジンの次回発行時から、あなたのメールアドレスへ届くようになります。

検索は「まぐまぐ」
カテゴリーは 教育・研究>>>教育実践>>>その他
LinkIconご登録はこちら

「表現のプロが実践してきた、表現教育!」

  • 「体を動かすことで心は変わる!」表現教育、“表現”という言葉にこだわって23年。演出家・舞踊家・振付家の神永宰良が、子供たちの教育に大切な「表現力」を伸ばし、生きていくために必要なコミュニケーション力の育て方をプロの視点から紹介します。実践に基づいた経験談など、皆様の質問にも答えながら発信していきますので、お楽しみに!



バックナンバーはこちら

バックナンバー[No.00]
皆様こんにちは!神永宰良です。
私は主に舞台の作・演出・振付、その他ダンスの指導や自身でもソロパフォーマンスなどをやっています。
お客様に楽しんでいただくこと、心を動かすには・・・。
私は舞台に携わりながら23年間「表現」という言葉にこだわって研究をしてきました。
その中で、子供たちのダンス指導の他
各小・中学校、高等学校での表現教育のワークショップ活動などを行いながら
表現力を伸ばすことでどんどん変わっていく子供たちの姿を見てきました。
表現のレッスンやワークショップを受けると、みんなが変わる・・・。
「引っ込み思案」「表現力がない」。
いろいろな理由でダンス教室にもお子さんを連れていらっしゃいます。
でも、必ず子供たちは変化します。
学校では静かで自分の意見を言えない、この子は今では皆をまとめるリーダーです。
お友達の中では騒げるけれど人前ではやれない、この子はどんな場所でも出来るように。
自分のこともまだ余り出来ない小学生、この子は気の利く、人に気遣える優しい子に。
何か自信がなくてすぐに諦める、この子は本気になって頑張る子に。
どうでしょう・・・。
しかも表現力を育てると、色んなものがついてくる。
(この“色んなもの”が重要です。)
そして育って行くのが分かります。
みんな変わる。
みんな変わるのに今まで変われなかったのは、ただ単に今まで知らなかったから…?
今の子供たちは“表現する”ということを自身が知らないんだと思います。
表現力が無いのではなく、その子自体が法則を知らない。
自分を出すってことが許されるんだってことを知らない。
(自分をアピールするといじめに遭うとか、目立ち過ぎるとか…。)
今、その環境が無いっていうことを一番感じます。
表現力を出しちゃいけないんじゃないかっていう環境・・・。
今の時代は、本当にかわいそうだと思います。
保護者の方も「活発で明るくなってほしい」と、表現力を望んでいても
表現をやる術を知らない。何が表現力なのか、どうしたらよいのか分からない。
そういう方も多いのではないかと思います。
「表現とは…。」
子供たちの“表現力の育て方”ということに的を絞りながらも、“表現”という言葉にこだわって、(時々脱線しながら…。)
皆さんとお話していければいいなと思っています。
どうぞよろしくお願いします!
ここで早速、この質問からお答えして行きたいと思います。
◇◇◇「表現力は必要ですか?」◇◇◇
まずはここから、お話をしていきたいと思います。
答えは、「はい、必要です。」
表現力という言葉、例えば芸術世界など何か特殊な世界以外で、一般の世界ではあまり出て来なかった言葉…。
今まで、小学生も含め、表現をしないように、進んできてしまったように感じます。
(中学生なんかはもう出来るだけ抑えておくみたいな。)
だから大人になって、果たして「表現力を出していいよ」と言われたときに、どうやって出すのか、術を忘れてしまっているというか、分からない。
でもこの表現力っていうのは、特殊な人にだけ必要な力ではない…。
なぜなら“表現力”は=コミュニケーションに繋がるから。
表現力が身につくことでコミュニケーション力が上がる、これはもう絶対的なもの。
でもそれ以外に、もっと“色んなもの”がついてくる。
そして育って行くのです。
この“色んなもの”についても
次回、詳しくお話をしていきたいと思います。
それでは皆様
本日はお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
神永宰良
バックナンバー
[No.00]
[No.01]
[No.02]
[No.03]
[No.04]
[No.05]
[No.06]
[No.07]